ウェブマスターの週末日記 1998年11月号
1998年10月号 ▲戻る 1998年12月号

11月6日(金) たまには横浜に行ってみよう! と、ダンスホール「白馬車」に行きました。 ソシアルというと競技ダンスまっ盛りの様ですが、ここでは気を張ることなく、普段サンバを踊る感覚で楽しむことができました。 いつものサンバと違うのは、個人やグループではなく、殆どがカップルで来ているというところでしょう?
バンドが2つ、30分交代でノンストップで演奏してました。 フロアは全体に年齢層が高く、ゆったりしたテンポの演奏が続きます。 さすがにサンバは演奏されませんでしたが、タンゴの曲をガフィエラで踊るのも意外に合うものでした。

11月13日(金) 久々にファンチートに行きました。 すぐ近くでボサノバのライブがあったため、ガフィエラ踊れる人はみーんな行っちゃったんです。 だから、踊れませんでした。

11月20日(金) ボサノバのライブがあるかも? とのことで、横浜に行きました。 でもライブはボサノバでなくてレゲェとのこと。 レゲェの踊りかたを知らないので、まずは食事でもしながら行くべきか相談しようと、入ったのは有名な「にんにくや」。 結局踊りに行きませんでした。

11月28日(土)〜29日(日) えのさんのLAMBACANA、若菜さんのMAMBO BASHの合同合宿(温泉&ダンスツアー)に行きました。 リズムトレーニング、ボディーストレッチ、サンバ・ノ・ペ、ランバーダ、ガフィエラ、サルサと盛りだくさんな内容でした。
レッスンではガフィエラは少ししかやりませんでしたが、 夜のダンスタイムでは、ガフィエラを紹介すべくボサノバを回してガフィエラを踊ったところ、多くの皆さんが興味を持たれた様です。 多くの方から、
「ボサノバで踊ってみたいけど、踊りかたがわからない」
という声を聞きました。そこでガフィエラを紹介したんです。
サルサのインストラクター、森若菜さんとも踊りました。さすがですね。なーんにも説明しなく てもものすごく気持ち良く、楽しく踊れたんですから。
ガフィエラファンが何人か増えたと思います。

1998年10月号 ▲戻る 1998年12月号