楽器について

1997年頃だったと思う、レニーニ&スザーノのライブに行ったときはショックでした。 ギター(弾き語り)とパンデイロの2人だけのユニットですが、4〜5人編成のバンドに負けないくらいのパワーで乗せてくれました。
スザーノのドラムス顔負けのパンデイロワークが際立っていたのですが、2人だけだからできる阿吽の呼吸が見事でした。
たった2人のデュオだから、その場の判断でどんな展開にも持っていける。そんな機動力や柔軟性を見せ付けられた感じでした。
3人以上だと簡単にはできません。

そんなデュオをやってみたくなり、ボッサをピアノやギターの弾き語りとパンデイロで合わせてみたのですが、なかなかうまく行きません。 原因は、まずに自分の力量不足、それに加えて、パンデイロの音のデカさ。
最初はピアノと会わせてみたのですが、スタジオにあった生ピアノ(アップライト)ではバランスが取れません。 パンデイロは低音のみピックアップしてベーアンに入れたので、プラチネーラの音はほとんど生音のみ。それでもです。
結局、ステージピアノとPAを全開にしてやっとバランスが取れた感じでした。

パンデイロは音の大きさもさることながら、ダイナミックレンジが狭く(ショカーリョも同じ)、ピアノやギターの抑揚について行けません。 結局、パンデイロを諦めてタンタンをブラシで叩くことにしました。

デュオの魅力って、ペアダンスを全く同じだと思います。たった2人だから打ち合わせも何もなくても音楽を演じるできる。
やめられないですね。

Samba de Gafieira
Aera do Samba
Latin Dance Network BAILAMOS
書道家翠笙

Copyright Tanny 2002-2007.